Archive for the ‘お知らせ’ Category

2019年10月のお知らせ

2019-10-01

◆令和元年10月のお知らせ
9月をもちまして特定健診・後期高齢者健診・大腸がん検診は終了しました。検便の提出期限は11月末日までとなっております。さて、10月1日より12月30日まで高齢者、後期高齢者、身障者など補助を受けられる方のインフルエンザ予防接種期間となります。負担金は昨年同様1200円となります。一般の方の料金は3300円となります。本年度のワクチンは、昨年とほぼ同数入荷の見込みですが予約受付はしておりませんので、接種ご希望の方は来院前に電話でご確認の上お越しください。先月下旬に長野市内の中学校でインフルエンザのため学級閉鎖がありました。昨年より一月半も早い集団発生となりますが感染経路は不明ということです。外出後の手洗いとうがいをしっかりして予防するとともに早めのワクチン接種をお勧めします。

2019年9月のお知らせ

2019-09-01

◆令和元年9月のお知らせ
6月からの特定健診・後期高齢者健診はいよいよ今月いっぱいで終了となります。まだ受けられてない方は早めに受診されることをお勧めします。尚、健康診断に合わせて胃カメラをご希望の方は予約できる人数に限りがありますのでお早めにお問い合わせください。さて、お盆が過ぎて猛暑も落ち着いてきましたが、このところ明け方の温度が20度を下回るようになり寒さで目が醒めることがあります。そのせいか、咽頭炎や扁桃炎といった喉の風邪が流行ってきているようです。寝る前に窓を閉めて明け方外気が入らないようにすることをお勧めします。

2019年8月のお知らせ

2019-08-01

◆令和元年8月のお知らせ
長かった梅雨も開け連日30度を超える真夏日の天気予報となっています。毎年この時期は熱中症についてお知らせしていますが、長野市保健所の7月の情報に熱中症の予防や対処方法について詳しく載っていますのでそちらをご覧ください。また先週は長野県に「食中毒警報」が発令されました。県下では先月末時点で242件の食中毒があり、内202件がノロウイルスでついでサルモネラ食中毒となっています。食事の前には必ず石鹸で手を洗うこと、怪しいと思ったらもったいなくても食べないこと、買い物をして来たら速やかに冷蔵庫にしまうこと、加熱する調理には十分火を通すなど食中毒の予防にも気を使いましょう。長野市保健所のホームページ

2019年7月のお知らせ

2019-07-01

◆令和元年7月のお知らせ
6月から始まりました特定健康診断ですが昨年同様受診者が少なく、9月になってから混み合いそうです。7、8月のうちに受診されることをお勧めします。6月のお知らせでもご案内しましたが、今月より胃がん内視鏡検診が受けられるようになります。詳しくは医療機関か長野市保健所へおたずねください。また現在実施しております大腸ガン検診ですが、例年10月末まで検査を受け付けていましたが今年度より9月末で受付終了となりますのでご注意いただき早めの受診をお願いいたします。なお、検体提出は10月末までお受けしますのでお間違え無いようご注意下さい。さて、今年も梅雨明けとともに暑い日が続くようになると思いますが、熱中症対策をしっかりしましょう。特に高齢者は暑さを感じづらく熱中症を起こしやすいので、のどが乾かなくても定期的に水分補給をしたり、温度計を見て室温を調整するようにしましょう。長野市保健所のホームページ

2019年6月のお知らせ

2019-06-01

◆令和元年6月のお知らせ
今月より9月末日まで『長野市国保特定健診・後期高齢者健診・30歳代の国民健康保険健康診査』が始まります。実施内容につきましては例年通りです。朝食抜きで受診いただくのが理想的ですが、食事を摂られても対応できますので受診券をお持ちください。ただし、合わせて胃の検査や超音波検査などをご希望される場合には絶食が必要ですのでお気をつけください。大腸がん検診も今月より9月末日まで実施しておりますので、ぜひ合わせてご受診ください。また、胃がん内視鏡検診が受けられるようになります。詳しくは医療機関か長野市保健所へおたずねください。さて、先日は35度近くまで気温が上がりましたが熱中症対策をしっかりしましょう。特に高齢者は暑さを感じづらく熱中症を起こしやすいので、のどが乾かなくても定期的に水分補給をしたり、温度計を見て室温を調整するようにしましょう。長野市保健所のホームページ

2019年5月のお知らせ

2019-05-01

◆令和元年5月のお知らせ
先月下旬にB型インフルエンザが流行する兆しがあるとテレビや新聞で報道されましたが、長野市内では今のところ発生していないようです。しかし、ここにきてA型インフルエンザの感染が時々見られまして、ワクチン効果も切れてくる頃なので手洗いとうがいで十分な予防に努めましょう。
長野市保健所のホームページでは「肺の生活習慣病COPD(Chronic Obstructive Pulmonary Disease)慢性閉塞性肺疾患」についてお知らせがあります。喫煙者や受動喫煙者は一読していただき、該当する症状がある場合はかかりつけ医など医療機関にご相談ください。
長野市保健所のホームページ

2019年4月のお知らせ

2019-04-01

◆平成31年4月のお知らせ
長野県健康福祉部及び長野市より「風疹定期予防接種(第5期)」の追加について通達がありましたのでご案内します。「昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性(風疹の抗体検査を受けた結果、十分な量の風疹の抗体価があることが判明し、予防接種を行う必要がないと認められたものを除く)」について、風疹の定期の予防接種(第5期)の対象者として追加した等です。実施期間は平成31年(2019年)4月1日〜2020年3月31日(通年実施)。実施方法は対象者が市配布のクーポン券を持参し、実施医療機関を受診。抗体検査を受けた結果、十分な量の風疹抗体がないことが判明した者が予防接種の対象者となります。くわくしは医療機関の窓口へお問い合わせ下さい。また、今年度より胃内視鏡健康診断が始まりますが、詳細につきましては後日お知らせいたします。

2019年3月のお知らせ

2019-03-01

◆平成31年3月のお知らせ
2019年の花粉症予報です。
「2019年春の花粉飛散量は、例年比でみると、東北から近畿でやや多い地方が多く、中国地方では多いでしょう。四国は例年並みで、九州は例年並みか多めとなりそうです。北海道は例年を下回るでしょう。一方で、前シーズンと比べると、北海道から関東甲信、東海は少ない傾向ですが、北陸では多いか、やや多い見込みです。秋田県では前シーズンの飛散量が少なかったため、前シーズンと比べて「非常に多い」予測です。
前シーズンの花粉の飛散量は、全国的に例年よりも多くなりました。前シーズンの特徴として、ヒノキ花粉の飛散量が多い傾向があり、東京ではヒノキ花粉が過去10年で最も多く飛散するシーズンとなりました(例年比約4.9倍、2017年シーズン比約4倍の飛散量、日本気象協会の観測地点 調べ)。今シーズンの予測に向けて花芽調査を行ったところ、ヒノキの花芽の生育が前シーズンほどではないことが分かりました。このため、今年のヒノキ花粉の飛散量は前シーズンより少ないと予測します。」
今シーズン長野県でのスギ花粉の飛散は、例年よりはやや多めですが昨年よりはやや少なめということです。2月の下旬から松本ではスギ花粉の飛散が確認されたということですので、毎年お薬を飲んでいる方は早めに投薬開始されることをお勧めします。それと同時に外出時はマスクをし、帰宅後は手洗いうがいをして予防に努めてください。

2019年2月のお知らせ

2019-02-01

◆平成31年2月のお知らせ
北信地方は北部を中心にA型インフルエンザが流行しています。例年今頃になるとB型インフルエンザも流行り始めますが、当クリニックではいまのところB型インフルエンザの感染者は出ていません。春めいてくるにつれてB型インフルエンザの流行やスギ花粉の飛散がありますのでお出かけの際はマスクをして帰宅後は手洗いとうがいをしっかりして予防に努めましょう。ちなみにスギ花粉は例年並みかやや多めということです。
長野市保健所のホームページ

2019年1月のお知らせ

2019-01-01

◆平成31年1月のお知らせ
暖冬のせいか今のところインフルエンザの流行はありませんが感染者は徐々に増えつつあるようです。予防接種をしていても感染しますので、手洗いやうがい外出時のマスクなど基本を怠らず、暴飲暴食せず十分な睡眠を取り体調管理に努めましょう。なお、本年度のインフルエンザワクチンは終了しました。今後ワクチンの入荷予定はありませんのでご希望される方は他の医療機関にお問い合わせください。
長野市保健所のホームページ

« Older Entries
Copyright © 2012-2019 KEISHINKAI-CLINIC All Rights Reserved.