クリニックの沿革

昭和31年4月 長野市西後町610番地に医師 茂木和平が内科医院を開設する。
恵信会と一緒に歩んできた古時計

恵信会と一緒に歩んできた古時計

昭和45年10月 鉄筋コンクリート造3階建て、病床数22床の茂木病院となる。
昭和56年11月 鉄筋コンクリート造2階建ての新病棟を増築し、総病床数36床となる。
昭和57年1月   医療法人恵信会を設立。
医療法人恵信会 茂木病院となる。
理事長兼院長 茂木和平。
昭和59年6月 病院の名称を、従来の茂木病院から恵信会病院に変更する。
平成2年2月 病床数43床となる。
平成2年10月 茂木和平理事長兼院長が会長に就任。
北原昇が理事長兼院長に就任。
平成4年8月 基準看護の承認を受ける。
平成7年12月 訪問看護ステーション開設。
平成12年7月 訪問看護ステーション休止。
平成18年4月 理事長兼院長北原昇に替わり、茂木和平が理事長、茂木哲夫が院長に就任。
平成21年6月 理事長茂木和平に替わり、茂木哲夫が理事長兼院長となる。
平成24年5月 恵信会病院から恵信会クリニックへ名称変更。

 

Copyright © 2012-2017 KEISHINKAI-CLINIC All Rights Reserved.